融資を急いで受けたい方に|銀行系カードローンを使う前に、比較ポイントをしっかり理解しよう!

銀行系カードローンを使う前に、比較ポイントをしっかり理解しよう!

融資を急いで受けたい方に

散らばる小銭

即日融資が可能な個人向けカードローンは、消費者金融の借入が代表的でした。しかし、貸金業法の改正で、利用限度額に収入の3分の1までという制限が出来たことで、大口の借入が難しくなりました。その代わり、貸金業の影響を受けない銀行で、カードローンが扱われるようになり、まとまった金額が必要な利用者の受け皿となったのです。銀行でも即日融資が可能となるのは、消費者金融が銀行の傘下となったり、審査や債権の回収をする保証会社として提携したりするようになったからです。銀行は法人客を相手に貸付をしてきたため、個人客の審査が難しい場合がありますが、消費者金融の場合は、個人客を相手にしてきた長年の実績があります。銀行の審査は一般的に時間がかかるものですが、個人客を対象とした消費者金融の基準により、申込者の審査を迅速に行えるようになりました。

金融機関でカードローンの即日融資を受けるには、申込方法に工夫をする必要があります。インターネットで手続きが出来る場合は、パソコンであれば所定のフォームから、インターネットであればアプリから出来る物もあります。書類の提出もインターネット経由で出来るので、送付の日数が節約出来るでしょう。申込後、数時間程度で在籍確認が行われます。消費者金融の場合は、インターネット申込が難しい場合でも、無人契約機が各所にありますし、契約やローンカードの発行が可能ですので、即日融資を受けやすいです。 銀行のカードローンは、契約機がない場合が多いです。また、本人確認の書類に運転免許証を利用できない場合は、インターネットの利用が認められずに、郵送での申込となったり、住民票や公共料金の領収証等の追加書類が必要となったりする場合がありますので、即日融資が受けられないことがあります。その他、申込から契約までの一連の手続きを正午までに行わないと、融資が翌日以降になることもありますので、申込をする前にカードローンの但し書きを確認するようにしてください。